レスレリアーナのアトリエに必要なスマホのスペックはどのくらい?

スマホゲーム

コーエーテクモのスマホアプリ「レスレリアーナのアトリエ」を、格安Androidスマホ(Antutu約35万点)でプレイしてみました。動作可能なのか?快適なのか?実際に動かしてみた結果をまとめています。

レスレリアーナのアトリエは格安スマホでプレイできる?

レスレリアーナのアトリエ~忘れられた錬金術と極夜の解放者~」を、格安スマホ「Libero 5G III(A202ZT)」で遊んでみました。

このスマホは回線プランとセットなら1円で販売されることもある2022年12月発売の格安Androidスマホ。お値段は安いですが、メーカーはZTEでかなり有名。エントリークラスの中では優秀なモデルです。

Libero 5G IIIのスペックは以下のとおり。

  • Dimensity 700(Antutuスコア約35万程度)
  • RAM4GB
  • ストレージはUFS
  • グラフィック解像度は2,400 × 1,080(フルHD+)
  • 処理能力はiPhone 6 に近い性能

個人的な体験談ですが上記スペックの格安スマホでレスレリアーナのアトリエは「プレイ可能」という結果でした!

レスレリアーナのアトリエをLibero 5G IIIでプレイして実際どうだったか

レスレリアーナのアトリエをLibero 5G IIIをプレイして実際どうだったか少し詳しく紹介すると、以下のような感じでした。

  • 画質設定は低画質(中~高画質は無理)
  • ストーリーを楽しむのは特に不満なく快適
  • 戦闘シーンで少しカクつきがある(フリーズはしない)
  • ガチャページが重い(フリーズはしない)

レスレリアーナのアトリエの画質設定は格安スマホなら低画質

まず画質設定ですが、ハイエンドモデルや新しめのiPhoneでない限り、画質設定はやはり低画質にする必要がありそうです。今回のAntutu35万点スマホでは自動検出のデフォルト設定は低画質でした。

低画質でなんとか動くという印象でしたので、高画質にするとカクつきが発生すると思います。高画質にしたいならスペックの高いスマホやiPhoneが必要になります。

レスレリアーナのアトリエのストーリーは格安スマホでも快適

ストーリーのパートは格安スマホでも特に問題ないようです。フルボイスでキャラクターもよく動きますが、カクつきはなく快適でした。場面が切り替わるときの読み込みも特に長過ぎるということはなく、サクサク進めることができました。

レスレリアーナのアトリエの戦闘シーンに必要なスマホのスペック

戦闘シーンについては若干カクつきがありました。あと、攻撃するターゲットを変更したいときに敵をタップしても、反応しないことがたまにありました。しかしフリーズやアプリ強制終了は発生していませんのでプレイすること自体は問題なくできそうです。

Dimensity 700でギリギリOK、Snapdragon 695 5Gならかなり安心、それ以上なら画質設定を上げられるという感じだと思います。

ガチャページが重い

レスレリアーナのアトリエを格安スマホでプレイしてみて、一番負荷が重いと感じたのがガチャページ

ガチャを引いたときの演出も豪華ですが、ガチャを引く前のガチャページの時点(背景が派手に動く画面)でかなり重いと感じました。イベントガチャと通常ガチャを切り替えるときに、タップして無反応の時間が4~5秒間あり、少しして切り替わるという感じでした。

ただ、フリーズやアプリ強制終了は発生せずガチャを引いたときの演出も無事完走してくれました。プレイ不可能というほどではなさそうです。

レスレリアーナのアトリエは格安スマホでもプレイ可能!

今回試したのはエントリーモデル(Antutuスコア約35万)のAndroid格安スマホでしたが、レスレリアーナのアトリエは今のところプレイ可能という結果でした。ストーリー、戦闘、ガチャとひととおりのことをフリーズや強制終了なくこなすことができました。ハイエンドスマホや新しいiPhoneでなくてもプレイ可能なのはありがいたいですね。

画質をよくしたり、戦闘シーンやガチャページも快適に動かしたいなら、よりスペックの高いスマホで楽しんだほうがよさそうです。